現段階で存在している利息

さらにこれから発生する利息をカットすることで返済を元金だけに絞る方法が、債務を整理の方法の中で任意整理と呼ぶものです。債権者と協議した結果、着地点が見つかれば、支払総額から利息分が差し引かれることで、各月の返済額を減ずることができます。元金がその通りの額では返済は無理だという時は、個人再生という他の債務整理の方法による手つづきを選択するといいでしょう。
任意整理は、債権者と和解交渉で減額された金額を返済していきます。この最中に臨時収入などで返済資金に余裕がでた場合、毎月の支払いのほかに繰り上げ返済を追加したり、一括で返済するっていう方法が使えます。もし任意整理を専門家に依頼していた場合は、債権者への連絡は、担当の弁護士などに頼んだ方が話をとおしやすいです。 借金で首がまわらなくなり、行き詰った時は弁護士や司法書士に助けを求めましょう。
これ以上は払えないという場合は破産という手順がふめます。

何年間か海外に行けなくなるなどの制限を与えられますが、お金の借入額が0円になります。

個人再生っていう方法を選ぶためには、安定収入などのある程度の条件(満たすことができないと望みや要望が叶えられない可能性が高いです)が必須です。債務について利息制限法に基づいて過払い金を計算しなおし、その時点での債務と相殺するのが特定調停の特質です。
けれども過払いの部分が債務を上回るときは、本来は返金請求できるはずですが、特定調停では払い過ぎた分が債務者に戻ってくることはなく、負債が棒引きになるだけで、けしてプラスにはなりません(ゼロ状態)。 くらべてみて、もし過払い金がまとまってあるというのであれば、こうした特定調停はやらずに、過払い金請求を行なうほうが実益があると言えます。